1. home

徒然アダルトブログ

関西弁のデブ熟女に初めてを奪われた話

あれは十数年前のことだろうか。当時僕は高校卒業後にすることもなく、フリーターとしてとある工場で働いていた。そこでバリバリの関西弁のデブ熟女に童貞を奪われた話である。年齢は40代だろうか。だらしなく肉がついた体型、お世辞にも綺麗とは言えない見た目の熟女で、長年そこの工場で働いていた人だった。僕が仕事が終わり更衣室で汗を拭いていると関西弁の熟女が「疲れたやろ、ジュースでも飲み」と差し入れを持って更衣室にやってきた。僕は着替えている途中で、上半身裸の状態だった。女性に裸を見られることに慣れておらず、恥ずかしながら体を隠すと、「おばちゃんが体拭いたるわ」と強引にタオルをとられ背中を拭き始めた。そして背中を拭き終わると胸や両腕まで丁寧に拭いてくれ、その後、僕の下半身に手を伸ばし「ここはキレイにしてるの?」と聞いてきた。僕が返事に戸惑い、躊躇していると、「ここはキレイしないと病気になるで。おばちゃんに見せてみ」と言い強引に僕のパンツをずり下ろすと「いっぱい汚れてるやん、おばちゃんがキレイにしたるわ」とタオルで亀頭の先を乱暴にゴシゴシと拭き始めた。初めて女性に性器を触られ全身に電流が走ったような感覚に襲われた。さらに熟女は僕の性器を握りしめ「おばちゃんがもっとキレイにしたるから動かんときや」と言い僕の性器を口に含みジュボジュボと卑猥な音を鳴らして舐め始める。性器から生温かい刺激が伝わってきて、不覚にも喘ぎ声を漏らしてしまった。熟女は僕の喘ぎ声を聞くと、さらに激しく頭を振り、根本までぐっぽりと飲み込むように舐め回す。初めての経験に、快楽が波のように何度も襲ってきて、耐えきれずに熟女の口に射精して「ほら、こんなにキレイになったやん」と涎と精液まみれの僕の性器を丁寧に拭いて後処理をしてくれた。しばらく呆然と立ち尽くす僕に「今日はお疲れ様。また明日な」とだけ言い残し更衣室を去っていく熟女。その後、仕事終わりには更衣室で熟女に性欲処理をしてもらうことが、僕の日課となっていった。

エロアニメ動画配信サイトで失敗したくない

現在のインターネットでは無数のアダルト動画を観ることができるようになりましたね。その中でもアダルト動画サイトでは、無料サイトと有料サイトの二種類があります。有料サイトは月額会員制でその契約中は動画見放題となったり、動画をダウンロードする時に料金を支払うなど、様々な種類があります。対して無料アダルトサイトでは無料で動画を視聴できる反面、サイトを利用する際の安全性や、閲覧できる動画の質という点においてはデメリットも多くなる場合があります。ですが無料アダルトサイトの中でも、有料アダルトサイトに負けない安全性、コンテンツの質を誇るサイトも存在します。今回紹介するサイトは、エロアニメを専門に動画配信している「みんなが抜いたエロアニメ」。このサイトで配信されている動画は全て無料視聴できる上に、面倒な会員登録をすることなくエロアニメ動画を楽しめます。コンテンツの質や量も有料サイトに負けておらず、1000本以上の動画を高画質で視聴することができます。よく無料アダルトサイトを利用して痛い目にあった‥という方もいますが、このサイトは安全面にも配慮してあるので初心者の方でも安心して利用することができます。無料アダルトサイトの中にも魅力的なサイトが多数ありますので、少しでも興味を持たれた方は、一度サイトを訪れてみることをお勧め致します。

エッチなレズ体験

私は中学生の時から自分はレズビアンという事に気付いていました。そのキッカケになった初めてのレズ体験は中学生の時でした。体調が悪くて保健室で眠っていた時、隣のベッドから小さな寝息が聞こえるので、そっとベッドの間のカーテンをめくったら見たことも無いような可愛い女の子が眠っていました。その時保健室には先生もおらず、その子と私の二人っきりでした。私はガマン出来ず女の子が起きないようにそっとスカートをめくりパンツをズラしました。生まれて初めて見る同世代の女の子の陰毛に興奮して、鼻を近づけて匂いを嗅いだり撫でてみました。女の子が起きないかドキドキでしたが、そのまま性器の部分にキスをしてみました。これ以上はさすがにダメだと思いスカートとパンツを戻してベッドに戻りました。すると少ししてから先生が戻ってきて、私たちが寝ているベッドのカーテンを開けて「そろそろ起きなさい」と起こしに来ました。私はもう起きていましたがその女の子は寝起きが悪いらしく「まだ起きたくない~」とぐずっている様子。その仕草や声も可愛らしくて私は一瞬でその女の子を好きになってしまいました。さっきの事がバレてないか内心ビクビクしていましたが、全く気付くことは無くそのまま保健室を後にしていきました。その体験以来自分がレズビアンだと自覚して同性しか愛せなくなったのです。

デリヘル嬢を喜ばせる裏テクニック

色んなジャンルの風俗がありますが特に人気があるのがデリヘルですね。人妻系や美少女系、コスプレ系やギャル系など豊富な種類の風俗ジャンルからデリヘルを探せるサイトも増えてきています。電話一本で手軽に女の子を呼べるというスタイルで人気のデリヘルですが、デリ嬢を呼ぶときに使うホテルって何を基準に選んでいますか?もともとラブホといえばカップルがイチャコラする時に利用する施設なのでデリ嬢を呼ぶにはピッタリの場所ですよね。今は数が少なくなりましたが、昔はラブホの中にデリヘルの店舗が入っていて、ラブホに一人で入ればすぐにデリ嬢が来てくれるお店もありました。そんなラブホテルを選ぶとき大体は値段を基準に選ぶ人が多いと思います。確かにデリ嬢を呼ぶのにお金が掛かって、さらにラブホ代も出すのでなるべくなら出費を抑えたいと考えますよね。ですがあまりにも激安のラブホを選んでしまうと露骨に嫌な顔をするデリ嬢もいます。本来ならどんな場所に行っても表情に出してはいけませんがデリ嬢といっても普通の女の子なので仕方ないですね。たかがラブホ、されどラブホなんです。もしお金に余裕があるのならばいつもより高めのラブホに入ってデリ嬢を喜ばせるのもいいかもしれません。もしかしたらテンションが上がっていつもより良いサービスを受けれるかもしれません。デリ嬢を喜ばせるのは何もラブホ選びだけではありません。女性用のアメニティやコスメなどのプレゼント、お菓子の差し入れなどでも喜んでくれる子はいるのでそういったテクニックを使ってデリ嬢を喜ばせてあげましょう。

偶然出会った熟女がヤバかった

毎晩熟女動画で抜くほど程熟れた女が大好きな俺は友達がお持ち帰りが成功したという噂のバーでヤれる熟女を探していた。性欲の為だけに全力を使っているという我ながら清々しい程のカスっぷりではあったがその時の俺は必死だった。すると突然30代位の女性が「今お一人ですか?良かったら一緒に飲みませんか」とデカパイを揺らしながら声を掛けてきた。あまりに突然だったので一瞬戸惑ってしまったがすぐに意気投合。そこから急速に距離は縮まり遂に恋愛話になった。最近彼氏に振られて寂しくてひと肌が恋しいというので「じゃあ俺と一緒にホテルいっちゃおうか」と冗談半分本気半分で茶化すと「えっ、いいの?」と目をキラキラと輝かせながらしがみついてきた。俺の中でヤれるかもしれないという希望が確信に変わった瞬間である。店を後にし近場のホテルにそそくさと移動。そしてホテルに入るや否やズボンを脱がし始め即尺する熟女。「太くて...おいし...」と言いながらベロベロと息子を舐め回す様はまさに痴女。我慢できなくなり怒られるのを覚悟で生挿入。しかし満更でもないのか「もっと突いて!」と激しいピストンを懇願してくる始末。「最高か!」と思いながら一気に絶頂まで行こうとしたその時だった。正常位だったので一旦引き抜き腹にぶっかける予定だったが、腰に回った彼女の脚がガッチリ俺をホールドしている。流石にヤバいと思い力づくで引き抜き思いきり彼女の顔に精液をぶちまけた。すると顔面ドロドロの彼女が一言「ッ...もう少しだったのに」。流石にゾッっとした俺は逃げるようにホテルを後にした。それ以来ナンパをする気は起きず、しばらくチンポも起たなくなりました。

これが人妻の本性なのか

私の妻は少し大人しい見た目は清楚系で、特に喧嘩も無く仲良く暮らしていました。ある日妻が出かけた際携帯を置いて忘れていることに気づき手に取ると見知らぬ相手からLINEの電話着信が5件も入っていたので「急用かもしれない」といらぬお節介から開いてしまいました。これが地獄の始まりです。メッセージ画面を開くとそこには信じられない内容が書かれていました。「また会いたい」「私の事好き?」と男性らしき相手とつい最近までやりとりをしていた痕跡がありました。これはもう決定的だとかなりショックを受けていたのですが...さらに追い打ちをかけるものを見つけてしまいました。SEX中の写真と動画が大量に出てきたのです。とろけ顔で恍惚の表情のまま写真に写る妻の姿の数々。動画の方は更に酷く、股を全開に開ききゅうりの様な野菜をあそこにねじ込まれながらフェラチオしていたり、男性が「孕ませたいから中出ししていい?」と聞くと「あひぃ、いっぱい中にだしてぇぇ!」と中出しを懇願する淫猥な姿がハッキリと撮影されていました。気づけば私はトイレに駆け込み嗚咽を繰り返していました。そして何も知らない妻が返って来ました。携帯を突出しこれは何だと問い詰めると顔を真っ青にしながら「ごめんなさい、ごめんなさい...」と繰り返すばかりでらちが明かなかったので妻の両親にこの事を伝えました。真面目だった娘がこんな事をしていた事実にショックを隠し切れなかったのか母親は泣き崩れ父親は大激怒。「家族の縁を切る!二度とうちの敷居を跨ぐな!」と勘当され妻は家を追い出されました。勿論その後即離婚。恐らく連絡を取り合っていた男性の元へ逃げたのでしょうが...平気で人妻を寝取る奴が一人の女を愛せるとは到底思えません。